「使い過ぎてしまう」方の便利なクレジットカード機能

クレジットカードで「使い過ぎてしまった・・・」となってしまう事はありませんか。しかし、支払は翌々月である為少し時間がありますので準備はできますよね。しかし、限度の超えると引き落とし日にどうしても間に合わない。という事になり兼ねません。そんな方にピッタリの機能が最近人気を集めています。


クレジットカードのトラブル回避

クレジットカードの自動キャッシングサービスは、引き落とし日に口座残高が不足している場合にだけ作動して、不足分のキャッシングを行うというものです。これは、キャッシングですので新たな借入れ、つまり「借金」と作る事になりますが、そのまま引き落としエラーになった時についてしまう「支払エラー」の記録は、実は5年間も保有される重要な信用情報です。このような記録は様々な金融商品審査で不利に成りかねません。


引き落としエラーの記録を残さない

勿論、毎回自動キャッシングの力を借りていたらクレジットカードからの借入れは膨れ上がってしまいます。しかし、信用情報の評価を守る「保険的」な機能として利用している方が多いようです。実際に、キャッシングを行っただけでは信用情報の評価が下がる事はありません。返済遅延さえなければ「優良」な利用者である事にかわりはないのです。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

携帯電話の代金もクレジットカードで節約

携帯電話の料金は日々の生活でかかる大きな負担のひとつです。特に家族みんなが携帯電話を持つと数万円は当たり前、自営業で仕事用とプライベート用などと使い分けをしていると、家族で10万円以上も電話代がかかるといったことも珍しくありません。クレジットカードのポイントを利用すれば、これを大幅に節約することができます。


<クレジットカードのポイントが便利>

クレジットカードはポイントが魅力のひとつです。使った金額の分だけポイントがつくので、買い物をしても一定割合が返ってくることになります。せっかくのポイントは使わないで放っておくともったいないですし、ポイントに変えれる料金支払いはできるだけポイントに変えたいものです。方法は簡単で、携帯電話の支払いをクレジットカードにするだけです。とくにポイントが多くつくカードで公共料金などの支払いをすれば多くのポイントをためることができます。


<注意するべき点>

重要なのは、ポイントが多いカードを利用することです。携帯料金が少額でポイントもつきにくいカードだと、それほど効果は大きくありません。これを最大に活用するには、この双方が不可欠です。また、ポイントは使い忘れが無いようにできれば無期限のものが良いでしょう。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードのメリット

マウスで簡単に操作ができるパソコンが普及され、それまでオフィスや学校主体であったインターネットが2000年前後から一般家庭でも利用する人が増えてきました。インターネット上で買い物をする機会も増え、クレジットカードの利用も増えました。今までカードを持たない現金主義だったのに、1枚くらいは持っておこうと思うようになった方も多いのではないでしょうか。そんなクレジットカードのメリットについて考えていきたいと思います。


<なぜクレジットカードが便利なのか>

カードを利用することで金銭の管理が容易になります。余計な小銭が減り財布の中がすっきりしますし、大金を持ち歩く必要もなくなります。利用明細書に購入したものが逐一記載されるので、出納管理としても便利です。単なる引落しでも口座振替を利用するよりポイントがつく分お得になることがあります。

その他クレジットカード自体に特典がついている場合があります。自分のライフスタイルに合った会社を選ぶことにより、いつも通り生活しているだけでかなりお得な場合が多々あります。もちろん会社によって特典内容に違いがありますし個人差はあります。しかし大なり小なり得をするカード会社はあるはずですので、故人のライフスタイルと照らし合わせてしっかり選ぶことが重要です。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの審査に通りたい

クレジットカードを発行してもらう時には皆さん誰でも審査を受けなければいけません。
この審査では、個人情報と信用情報について確認されますので、覚えておいていただければ嬉しいです。
まずは、収入に関することを確認されます・・・職業や勤務先、雇用形態や勤続年数、年収などについてですので勤続年数が安定している方などは、審査に通りやすいのではないかと思いますから、安心していいです。


クレジットカードは住居についても確認する

クレジットカードの審査では、住居についても確認されるみたいですので覚えておいて下さいね。
居住年数や居住形態、同居人構成や電話番号についてもチェックされますので、しっかり提出するようにしましょう。
返済をするまでに時間がかかるかもしれませんから、住居が安定している方が信用できますし安心できるのだと思います。
年齢などの個人情報も確認しますので、ちゃんと記入をして審査をしていただきましょう!


返済について

自分が借りたお金はしっかり返さなければいけません。
ですから、余裕をもって返済のできる金額だけ利用するようにしましょう。
ご自分の返済能力を超えた金額を利用するのは、絶対にやめた方がいいと思いますので避けるように。
計画的に余裕をもってクレジットカードを利用するようにして下さいね。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの明細をペーパーレスに

クレジットカードの利用者が増えていると言われています。クレジットカードはインターネットで会員登録を自分で行うことのできる、ネット会員サイトもかなり普及しているそうで、このネット会員サービスを利用すると、明細や利用履歴の閲覧、住所変更などをその場で行うことができます。


クレジットカードの明細も送られてこない

クレジットカードを公共料金などの引き落としに利用すると、明細を送付してもらうほうが便利ではあるのですが、普段買い物にしか利用しない、明細は特に必要ないと考える人も少なくないかと思います。複数枚のクレカを所有している場合は、とくに明細のいるカード、いらないカードと分かれてくるでしょう。こんなときに便利なのがペーパーレスで利用できる明細です。


インターネットで確認、ポイントも増える

クレジットカード会社によっては、明細をもらわないとするだけでポイントを毎月加算してもらえるところもあると言われています。また、明細が印刷されて送付されないだけで、インターネットを経由して自分のページでスマートフォンやパソコンから利用履歴や支払いの予定金額などの確認ができるので、必要になったときだけ印刷すればいいという利便性もあるのです。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードは比較でしっかりと選ぶ

クレジットカードはどの会社を利用しても同じではありません。当然ながら、会社によって金利は異なりますし、限度額についても異なります。


クレジットカードはよく比較

キャッシングなどと同じように金利が低いほど返済が楽になりますし、限度額が大きいほど使い勝手は良くなります。そのため、しっかりと会社ごとのクレジットカードの内容を比較して、自分にとって使いやすいクレジットカードを選ぶことが大切です。インターネットを利用しますと、色々な会社の情報を見ることが出来るので、内容をしっかりと比べて選ぶことが可能です。クレジットカードを比較する場合、金利や限度額以外として、特典にも注目してみると良いです。会社によってはクレジットカードの申し込み時にキャンペーンがあり、その期間に申し込みをしますとお得になります。


ポイントを貯める

また、クレジットカードを利用することでポイントが貯まる仕組みになっている商品もあります。ポイントがたくさん貯まってくると、そのポイントを使って好きな商品に交換することが出来ます。このようにお得な情報もしっかりと比較することで、クレジットカードを利用するときのメリットはかなり大きく変わって来ます。様々な特典があるのもクレジットの魅力です。

参考リンク:クレジットカードの攻略ガイド

Posted in クレジットカード | Leave a comment

利用額に応じて得するクレジットカードを活用する

クレジットカードの種類が多くなってきているそうです。年会費や入会費のかからない、永年無料のクレカなども登場し、年間にお金を支払うことなくクレジットカードのメリットを享受できるようになっているのです。年会費を支払うタイプでも年間に一定の利用額までいけば、年会費と同額の商品券をもらうことができるなど、実質無料になる場合もあります。


利用額で決まるものは引き落としに最適

年間の利用金額でもらえる商品券の金額や、年会費などが無料になるなどのサービスを行っているクレカの場合は、引き落としに利用することで効率的にポイントなどを貯めることができます。例えば、年間に20万円以上の利用で年会費分の商品券がもらえるクレジットカードを作るとします。この場合、20万円を無理にショッピングに利用するのは難しいでしょう。そこで携帯電話や保険などの引き落としにも利用するのです。


口座とカードで役割を分担すること

このようにカードの特性を生かして、クレカを使い分けることで更にお得に便利に過ごすことが可能となります。この場合はカードの特徴やカードを利用する支払の役割をきちんと分けることで管理することをお勧めします。例えば、ショッピングで利用するカードと公共料金などの引き落とし、何もかもを1枚のカードにまとめてしまうと、いったい何にいくらかかっているのかを把握することが難しくなるでしょう。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの審査に落ちる人

クレジットカードを発行するためには、カード会社の審査に通る必要があります。普通に収入があれば、審査に落ちてしまうということは滅多にありませんが、落ちてしまう人がいるのが事実です。そこで、どんな人が落ちてしまうのかを見てみましょう。


クレジットカードの審査の仕組み

そもそも、なぜクレジットカードを申し込んだときに審査が必要なのでしょうか。その答えは、クレジットカードを誰にでも簡単に発行してしまうと、支払いを踏み倒される危険があるからです。そのため、この人はきちんと支払いをしてくれるだろうという、信頼性を判断するために審査を行っています。そのため、基本的に収入がなければカードを発行することはできません。また、ゴールドカードのように利用者の範囲を決めているカードでは、収入の水準が明確に規定されている場合もあります。


審査で落ちてしまう人

では、それ以外に、クレジットカードの審査に落ちてしまう人はどのような人なのでしょうか。それは、過去に他の金融商品などでトラブルを起こしている人です。これまでに、返済が履行されなかったなどの場合、その人はお金を支払わないのではないかと思われてしまうと、ほとんどの場合カードを利用することはできないでしょう。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードの利用履歴について

クレジットカードの利用履歴を意識した事がありますか。クレジットカードの利用履歴もカードローンの履歴を同じように信用情報の一部として管理されています。


クレジットカードの利用情報

クレジットカードの利用履歴をクレジットヒストリーといいます。このクレジットヒストリーはスコア化してとらえられる事が多くなりました。それは、優良な信用情報の価値が近年高くなってきている事によります。様々な金融商品の審査では年収などの要素よりも返済の安定性、つまり返済能力やその信頼性を重視するようになってきているのです。


5年間保管されるエラー情報

クレジットヒストリーの情報の保有期間は5年間です。解約したクレジットカードの履歴も残っているので、過去に引き落としエラーになった事がある方は気をつけた方が良いでしょう。引き落しエラーは一度だけなら得に大きなエラーには成りませんが、一度だけでもクレジットヒストリーのスコアを下げるものになる事は変わりありません。また連続したエラーはいわゆる「ブラック」になり、カードの利用が強制的に止められるだけでなく、「ブラック」であった記録は5年間保有されるので審査で不利になります。また、一度のエラーでもクレジットヒストリーに5年間記録されます。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードのポイントを比較する

各クレジットカード会社の利点を比べる時の基本が、ポイント制度がどうなっているかなります。ポイントは、会社によって還元率や付与の値が異なるので、最も効果的に比較しやすいです。


クレジットカードのポイントを比較は還元率で

クレジットカード会社が力を入れているサービスがポイントです。ポイントは、提供している会社で最も優遇されて付与されるようになっているため、どこで作るかが重要になります。しかし、そこで注目してほしいのが還元率です。通常の支払いでどれだけポイントが付きやすいかで、使いやすさの違いが顕著に表れてきます。また、何円の利用で1ポイントつくのかも大きな比較対象になります。カードによっては100円で1ポイントつくものもあれば、1,000円で1ポイントつくものもありますので、なるべく少額でポイントが付いたほうが利用しやすいということになります。


ポイントがお得な日に利用する

例えば楽天カードならば、週末の利用で通常の3倍のポイントが付きます。つまり、同じものでもいつどこで買うかで、もらえるポイントが違ってきます。そのため、自分がよく使うクレジットカードの最新情報はメールマガジンなどで常に把握しておいたほうがいいでしょう。徹底して使えば、通常の何倍もお得に使えます。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードでトラブルが起きたら

クレジットカードを紛失してしまった、盗まれてしまったなどのトラブルが起きてしまった時は、どのように対処するのが正しいのか紹介です。事前に把握しておくことで、損失を防ぐことになるので覚えておきましょう。


クレジットカードでトラブルが起きてしまったら

どんなに気を付けていたとしても、お財布を落としてしまうなどでクレジットカードも一緒に紛失してしまうということも考えられます。また、インターネット上楽天などに登録しておいた情報が、流出するということも考えられます。その間に、誰かに利用されてしまえば、当然その請求は自分のところに来ますが、冷静に対処することで、損害を防ぐことが出来ます。


問題が起きた後の流れ

紛失や流出などのトラブルが起こったら、まずはクレジットカードに電話して連絡を取りましょう。もちろん警察に紛失・盗難届を出すことも大事ですが、具体的に不安になっていることは、カード会社が把握して指示してくれます。その後、一度利用明細を確認しておきましょう。金額次第ではサインレスで買い物ができることも多いので、落としてからのわずかな時間の中でも、不正利用をされてしまっている可能性があります。もし、不正利用と思わしき履歴があった場合は、クレジットカード会社が補償してくれる場合があるので聞いてみましょう。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードでスマートライフを

クレジットカードを上手に活用することでスマートな毎日を演出しましょう。特にデート前にはチェック!ちょっと姑息な手を使えば皆でご飯を食べる時などにもお得なことが。


クレジットカードがあればちょっとしたひと時がスマートに

クレジットカード活用術その1は、現金がない時に現金を得る方法。まず友達とご飯や飲みに行きます。そして自分がまとめて会計すると名乗り出ます。その時にクレジットカードで支払います。すると当然お友達は割り勘分を現金でくれるので、6000円くらいは現金を得ることができます。もちろんそのお金は翌月には支払わないといけないお金ですがキャッシングと違って利息はつかないですし、クレジットカードのポイントも付きますのでダブルでお得です。


デートの時には気を付けて

人は支払いの時にチラリと見える相手のお財布を見てしまう癖があるようです。なので、お財布の中にクレジットカードが何枚も入っているのを見ると「この人大丈夫かな?」と一瞬思われてしまうかもしれません。可能なら良く使うカード以外はお家に待機させておくか見えないようなポケットに収納しておくとより安全です。なおゴールドカードでも何枚もこれみよがしに入れておくのは逆効果です。お財布の中に入れておくのは多くても3枚まで。2枚までがベターだと覚えておいてください。

Posted in クレジットカード | Leave a comment

クレジットカードを選ぶ基準

クレジットカード選びをする時、あなたなら一体どこに重点を置いて選びますか? 人それぞれ様々な基準を持っていることと思います。この記事では特にその中でも注目していただきたい基準点をご紹介しますので、今後のクレジットカード選びにぜひとも役立ててくださいね。


クレジットカード選びはサービス内容で決めましょう

クレジットカードにはそれぞれ様々なサービスや特典がついているので、その内容で選ぶことをおすすめします。その際の基準は「お得かどうか」ではなく、「自分の生活に合った内容かどうか」を重要視しましょう。いくらどれだけお得な内容が揃っていても、自分自身のライフスタイルに合わないものでは利用価値が無くなってしまいます。実用性があるかどうかをしっかりと見極めましょう。


年会費とポイントの還元率もとても重要な基準点

年会費の有無も重要な点ですが、無料だから良いというわけではなく、ここでもやはりサービス内容で比較する様にしましょう。たとえ年会費が一切かからないクレジットカードだったとしても、付随するサービスに内容がライフスタイルから外れたものでは何の意味もありません。また、ポイントの還元率も確認すべき点です。日々の暮らし中で少しずつポイントを貯めていけば意外とあれこれ使えるものですから、そこも忘れずにチェックしておきましょう。

Posted in クレジットカード | Leave a comment