クレジットカードの利用履歴について

クレジットカードの利用履歴を意識した事がありますか。クレジットカードの利用履歴もカードローンの履歴を同じように信用情報の一部として管理されています。


クレジットカードの利用情報

クレジットカードの利用履歴をクレジットヒストリーといいます。このクレジットヒストリーはスコア化してとらえられる事が多くなりました。それは、優良な信用情報の価値が近年高くなってきている事によります。様々な金融商品の審査では年収などの要素よりも返済の安定性、つまり返済能力やその信頼性を重視するようになってきているのです。


5年間保管されるエラー情報

クレジットヒストリーの情報の保有期間は5年間です。解約したクレジットカードの履歴も残っているので、過去に引き落としエラーになった事がある方は気をつけた方が良いでしょう。引き落しエラーは一度だけなら得に大きなエラーには成りませんが、一度だけでもクレジットヒストリーのスコアを下げるものになる事は変わりありません。また連続したエラーはいわゆる「ブラック」になり、カードの利用が強制的に止められるだけでなく、「ブラック」であった記録は5年間保有されるので審査で不利になります。また、一度のエラーでもクレジットヒストリーに5年間記録されます。

This entry was posted in クレジットカード. Bookmark the permalink.