クレジットカードの審査に落ちる人

クレジットカードを発行するためには、カード会社の審査に通る必要があります。普通に収入があれば、審査に落ちてしまうということは滅多にありませんが、落ちてしまう人がいるのが事実です。そこで、どんな人が落ちてしまうのかを見てみましょう。


クレジットカードの審査の仕組み

そもそも、なぜクレジットカードを申し込んだときに審査が必要なのでしょうか。その答えは、クレジットカードを誰にでも簡単に発行してしまうと、支払いを踏み倒される危険があるからです。そのため、この人はきちんと支払いをしてくれるだろうという、信頼性を判断するために審査を行っています。そのため、基本的に収入がなければカードを発行することはできません。また、ゴールドカードのように利用者の範囲を決めているカードでは、収入の水準が明確に規定されている場合もあります。


審査で落ちてしまう人

では、それ以外に、クレジットカードの審査に落ちてしまう人はどのような人なのでしょうか。それは、過去に他の金融商品などでトラブルを起こしている人です。これまでに、返済が履行されなかったなどの場合、その人はお金を支払わないのではないかと思われてしまうと、ほとんどの場合カードを利用することはできないでしょう。

This entry was posted in クレジットカード. Bookmark the permalink.