マイナンバーとクレジットカードについて

政府が導入を検討しているマイナンバー制度が、クレジットカード業界に参入しようとしていることを、みなさんはご存知でしょうか?
この制度は、国民一人一人をナンバリングし、医療や税金の支払いなどの様々なサービスをその一つの番号で管理しようとする制度ことです。
クレカもその番号で管理したい…それが、今国が考えていることのようです。


クレジットカードがマイナンバーに取り込まれるとどうなる?

さて、クレカにこの番号がくっつくとどうなるのでしょうか。
この制度はそもそも一つのカードに健康保険証・運転免許証・キャッシュカード・図書カードなどの機能を持たせようとするもので、政府がやろうとしているのはここにクレジットカードの機能もつけるということなのです。
一枚で多くのことができるという点では非常に有能ですし、この一本化はこれからどんどん進んでいくと思います。
今まで以上にクレジットカードを利用する回数も増えそうですね。


しかし、気をつけなければならないこともある

確かに一本化は便利ですが、それと同時について回るのが紛失したときにどうするかという問題です。
もしかしたら、このマイナンバーカードが普及しだしたら、現金でのやり取りがほぼなくなり、お財布を持ち歩くということもなくなっているかもしれません。
そんな中でこの一枚に頼ってしまうと、盗難や紛失にあったときに取り返しがつかなくなってしまいます。
このカードを利用するには、非常に気を遣わなくてはならなくなるでしょう。
将来のためにも、マイナンバーとクレジットカードについて今のうちに考えておくといいかもしれませんね。

This entry was posted in クレジットカード. Bookmark the permalink.