利用額に応じて得するクレジットカードを活用する

クレジットカードの種類が多くなってきているそうです。年会費や入会費のかからない、永年無料のクレカなども登場し、年間にお金を支払うことなくクレジットカードのメリットを享受できるようになっているのです。年会費を支払うタイプでも年間に一定の利用額までいけば、年会費と同額の商品券をもらうことができるなど、実質無料になる場合もあります。


利用額で決まるものは引き落としに最適

年間の利用金額でもらえる商品券の金額や、年会費などが無料になるなどのサービスを行っているクレカの場合は、引き落としに利用することで効率的にポイントなどを貯めることができます。例えば、年間に20万円以上の利用で年会費分の商品券がもらえるクレジットカードを作るとします。この場合、20万円を無理にショッピングに利用するのは難しいでしょう。そこで携帯電話や保険などの引き落としにも利用するのです。


口座とカードで役割を分担すること

このようにカードの特性を生かして、クレカを使い分けることで更にお得に便利に過ごすことが可能となります。この場合はカードの特徴やカードを利用する支払の役割をきちんと分けることで管理することをお勧めします。例えば、ショッピングで利用するカードと公共料金などの引き落とし、何もかもを1枚のカードにまとめてしまうと、いったい何にいくらかかっているのかを把握することが難しくなるでしょう。

This entry was posted in クレジットカード. Bookmark the permalink.