海外旅行にはなぜクレジットカードが必要なの?

海外旅行に行く際にはクレジットカードを持っておくべきだという話はよく聞きます。
しかし、なぜ海外旅行に行く時にはカードを持っておいた方がいいのでしょうか。
そんな方のために今回は海外でクレカを利用するメリットについてご紹介。
海外旅行傷害保険や支払いなど海外に行く際の必需品といってもいいでしょう。


海外での支払いはクレジットカードが基本です

日本ではクレジットカードですべての支払を行うという人は少数派であると思いますが、海外では現金で大きな金額を支払おうとすると嫌がられることが多いです。
特に価値の高い100ドル札などお店で使おうものなら間違いなく疑いの目を向けられることになります。
海外では偽札などが日本よりも出回りやすいので現金の信頼度がかなり低いのです。
そのため、支払いはほとんどクレジットカードで済ませてしまうといった人が多く、海外に行った際にはカードを持っておいた方がベターといえるでしょう。
現金とは違っていちいち円との交換もする必要がないので手間を考えても楽なのでおすすめです。


海外旅行傷害保険などサービスも魅力的!

海外旅行というのは日本とは違い何かとトラブルも起きがちです。
中には海外の旅先で怪我や病気などしてしまったという人もいるでしょう。
そんな時にも傷害保険のついたクレジットカードを持っていれば大変助かります。
また、航空系のカードでは空港ラウンジが無料で使えるなど嬉しいサービスもあったりするので、そうしたカードを持っているだけで旅も快適で楽しいものとなるでしょう。
また、クレカではマイルと呼ばれる航空会社が行う独自のポイントサービスに対応しているものも多く、マイルを貯めることで無料航空券と交換出来るなどお得もたくさん。
特にアメリカや欧米など遠距離の海外旅行では一回の渡航でかなりマイルを貯めることができ、国内線程度であれば一回の旅行で航空券と交換出来たりもするのです。

このように近年の海外旅行ではクレカを持っていくのは半ば常識的となっています。
近々海外に行くけれどまだカードを持っていないという方がいましたら、これを機会に海外に強いクレジットカードへと入会してみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in クレジットカード. Bookmark the permalink.